電話代行業務の内容とは?

色々なシーンに対応します

電話代行業務はいろいろなシーンに対応します。電話の場面はいろいろありますよね。問い合わせに答えるものや注文を受けるものや受付のように取り次ぐ場合などがあります。いろいろな場面に対応できるように業者はスタッフを派遣してくれるのです。業務の内容を明確にして業者と契約します。それに加えて電話の頻度をもとに委託料金が決まるのです。業務委託が決まれば綿密な打ち合わせをして業務内容をスタッフに把握させます。業者によってスタッフのコミュニケーション能力の質や料金や対応できる場面が異なるため比較検討をすることが重要です。実際にお客様の声が体験談として業者を選ぶ参考にもなります。サービスが不満な時は返金保証サービスもありますよ。

電話の機能を付加するようなサービス

電話代行をスタッフに委託するだけではなく電話の機能を向上させたサービスも行ってくれますよ。まずは、録音サービスです。スタッフと相手のやり取りを録音することで確認をおこなうことができます。次に転送サービスです。電話を受けると転送したい人につないでくれるので外出でももれなく電話対応をすることが可能です。このようなサービスは携帯電話にメールで情報を流してくれるので忘れ防止にもつながります。時間外アナウンスもあります。電話を自動音声に変えて営業を終了したことや休みを伝える効果があるのです。自動的に指定の電話番号に転送してくれるサービスもありますよ。これらを携帯電話でリモートにより設定を変更することもできるのです。