注意しておこう!電話代行のデメリット

契約内容によっては経営を圧迫することもある

従業員の負担軽減や業務効率化を目的として電話代行サービスの導入を決める企業は少なくありませんが、契約内容によっては次第に経営を圧迫することもあるため必要最小限のサービスを利用することが大事です。例えば、クレーム対応や固定客への営業電話だけでなく、電話調査や新規顧客の開拓などの一連のサービスを選択する場合には、月々の費用が高額になりやすい傾向があります。そうした中、余計な出費を少なくするうえで、経営陣や営業の責任者などが話し合いをして、前もって予算をきちんと決めておく必要があります。また、電話代行業者のサービスの種類については、業者ごとに違いがあるため、顧客満足度が高い業者の資料をいち早く請求することがおすすめです。

自社社員のビジネスマナーや電話対応のスキルが上がりにくくなる

電話代行業者に大部分の業務を委託する場合には、自社社員のビジネスマナーや電話対応など、営業担当者として重要なスキルがなかなか上がらないといった問題が起こることもあります。そのため、将来を見据えて営業担当者を育成するにあたっては、電話代行業者への外注の必要性について慎重に議論をすることが肝心です。大手の電話代行業者の中には、様々な業種の企業に対応するため、多種多様なプランを扱っているところがたくさんあります。そうした中、自社の社員の育成やコストカットなどを考慮しながら外注先を選ぶにあたり、余裕を持って複数の業者のサービスの特徴を理解して、自社の利益になる電話代行サービスを見極めることがおすすめです。